ポルカドット(DOT)、コインベースプロに上場

ポルカドット(DOT)、コインベースプロに上場

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社が提供する個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて、暗号資産Polkadot:ポルカドット(DOT:ドット)を新たに上場したことを6月15日発表した。

リリースによるとDOTの取引開始は流動性条件が満たされ次第、6月16日の午前9:00(太平洋標準時)以降になるとのことだ。

なおDOTのサポートは、シンガポール以外でのコインベースのサービス地域での対応となる。

各取引ペアについては、DOT-USD、DOT-BTC、DOT-EUR、DOT-GBP、DOT-USDTとなっている。

ポルカドットはWeb3 Foundationが開発を主導するクロスチェーンプロジェクトだ。同プロジェクトは将来的に異なるブロックチェーンやネットワークの相互接続(インターオペラビリティ)をし、ユーザーが制御可能な分散型Webを実現することを目指している。

関連ニュース

「ポルカドット(Polkadot)とは? プラズムネットワーク(Plasm Network)は何ができる?」ステイクテクノロジーズ 渡辺創太氏 インタビュー(1/2) 

国内初、GMOコインがポルカドット(DOT)取扱開始 

参考:コインベースプロ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/16話題】イーサリアム現物ETFは23日取引開始か、メタプラネットが今月3度目のビットコイン追加購入など(音声ニュース)

イーサリアム現物ETF、23日取引開始か、米SECが暫定承認と業界筋、メタプラネット、今月3度目のビットコイン追加購入、合計保有数225.611BTCに、トランプ、副大統領候補に親クリプト派のJ.D.バンス上院議員を指名、北朝鮮ハッカー集団、盗んだ暗号資産をカンボジア決済会社通じ洗浄、ドイツ政府機関、ビットコインの売却を終了か、スクエニ、web3ゲーム「サッカーバース」の資金調達を主導、CompoundとCelerのウェブサイトがハッキング被害、DNSドメイン攻撃を受け、バイナンス、韓国取引所ゴーパックスの株式大半を売却へ=報道、ディーカレットDCP、デジタル通貨「DCJPY」のネットワークをリリース。取引開始は8月予定

Sponsored