【速報】HashHub、Fintertech元CMO川浪創氏を取締役COO兼CIOに選任

HashHub、川浪創氏を取締役COO兼CIOに選任

ブロックチェーン・暗号資産関連事業を展開する株式会社HashHubが川浪創氏を取締役COO兼CIOに選任することを発表した。

HashHubはリサーチレポートサービスのHashHub Researchや、貸し暗号資産サービスのHashHub Lending、コワーキングスペース事業を手がけている企業。

なお今回取締役COO兼CIOに就任した川浪氏は大和証券グループ本社とクレディセゾンの合弁会社であるFintertech株式会社でCMOを務めていた人物だ。

川浪創氏を取締役COO兼CIOとして選任した理由について「暗号資産・ブロックチェーンの市場が拡大する中で、当社の成長をより一層加速させていく必要性を強く認識しています。

そのような背景から、証券会社でのトレーディング業務や関連会社での暗号資産関連事業立ち上げなどの経験を持っているから」とリリースにて説明されている。

なおHashHubは本役員人事を皮切りに、当社では複数の金融関連事業を立ち上げていくとともに、暗号資産・ブロックチェーン領域への強い興味関心を持つエンジニア、リサーチャーおよび経験豊富な幹部層の採用をさらに推進していく予定のようだ。

川浪創氏の取材コメント

「あたらしい経済」はHashHub取締役COO兼CIOに就任する川浪創氏に取材した。

−どのような魅力を感じてHashhubさんを選んだのでしょうか?

川浪氏:HashHubは仮想通貨・ブロックチェーンがこれから本当に世界を変える時代が訪れると信じている集団です。その信念は市場環境が悪化しても、変わることはありません。

“We build Choise”というコンセプトの基、 ブロックチェーン総合企業としてHashHubレンディングをはじめとした金融サービス、ブロックチェーン業界リサーチレポート提供、国内企業をクライアントにしたブロックチェーン関連の開発支援などを行っています。ナカモトサトシ論文に出会ってから、自分の力を少しでも仮想通貨・ブロックチェーンによる社会変革のために使いたいと考え、行動してきました。  

同じ方向を向いて、サービス開発を行っていると確信が持てたこと、今後それらが社会にとってより重要になると考えたことがHashHubにジョインした大きな理由です。 現在起こっている変革が加速度を増す中で、強い、一貫した信念を持つチームと共に働けることを幸運に思っています。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行