ビットライセンス保有のパクソス、米通貨監督庁より信託銀行設立申請を条件付きで承認

ビットライセンス保有のパクソス、米通貨監督庁より信託銀行設立申請を条件付きで承認

米通貨監督庁(OCC)が、暗号資産(仮想通貨)カストディ企業のパクソス・ナショナル・トラスト(Paxos National Trust)の信託銀行設立申請を条件付きで予備的に承認したことを発表した。パクソス・ナショナル・トラストはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)からビットライセンスも取得している。OCCにより信託銀行設立が仮承認されたことで、全米に対してパクソス・ナショナル・トラストは信託サービス提供できる可能性が生まれた。

OCCはパクソス・ナショナル・トラストとその現在の業務を徹底的に審査した上で、信託銀行設立免許を条件付きで交付したとのことだ。OCCはパクソス・ナショナル・トラスト許可するにあたり、すべての申請に適用されるのと同じ厳格な審査と基準を適用したとのこと。

現在、OCCにより認可されている連邦銀行システムを構成する金融機関は、米国における銀行業務の約70%を行っており、合計で14兆ドル以上の資産を保有し、60兆ドル以上をその管理下で受託しているとのことだ。

参考:OCC

(images:iStock/mizoula・Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。