コインシェアーズ、ライトコイン(LTC)のETP販売開始

コインシェアーズ、ライトコインのETP発表

英大手デジタル資産投資会社のCoinShares(コインシェアーズ)が暗号資産ライトコイン(LTC)のETP(上場投資商品)販売開始を4月6日発表した。

コインシェアーズでは既にビットコインとイーサリアムのETPを提供しており、今回提供開始する「CoinShares Physical Litecoin(LITE)」は3番目の暗号資産ETPとなる。なおリリースによるとコインシェアーズのプラットフォームでは現在40億ドル以上の資産を運用しており、そのうち約3分の2がビットコインのエクスポージャーであるとのことだ(エクスポージャーとは、投資家や企業が持つ金融資産の中で、市場の価格変動のリスクにさらされている資産の割合のこと)。

LITEは1ユニットが0.2LTCに裏付けされており、投資家はライトコインと連動したパッシブ・エクスポージャーを得られる。なお取引はスイスの証券取引所SIXで行われるとのことだ。

編集部のコメント

「パッシブ運用」とは、運用目標とされる平均株価やTOPIXなどの指標に連動する運用成果を目指す運用手法のことです。一方、ベンチマークを上回る運用成果を目指す運用手法のことを「アクティブ運用」といいます。

またETFは米証券取引委員会(SEC)や集団投資スキーム法(CISA)の規制対象となっていますが、ETPは現状SECの規制には該当しておらず、ETFより取り扱いのハードルが低い金融商品です。 SIXではポルカドット、リップル、テゾスに関するETPの取引も行われています

参考:プレスリリース

(images:iStock/inkoly・incohre)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道