【取材】世界で戦う日本発「Web3起業家」支援事業を開始した「Next Web Capital」が目指すもの

設楽悠介

「Next Web Capital」が目指すもの

世界で活躍するブロックチェーン・暗号資産等のWeb3領域の日本人起業家ら7人が、シンガポールで「Next Web Capital(略称:NeW)」を立ち上げたことが2月22日分かった(→ニュースはこちら)。

ファウンダーには、日本発パブリック・ブロックチェーンの「Astar Network」を開発するStake Technologies CEOの渡邉創太氏、同社COOの石川駿氏、国内でWeb3関連事業を手がけるFracton VenturesのCo-Founderである鈴木雄大氏、亀井聡彦氏、赤澤直樹氏、そして国内暗号資産取引所の立ち上げにも参画しPoint 72 Asset Managementで日本株オルタナティブデータ分析の責任者を務めた関慶氏、Web3 Foundationの大日方祐介氏が名を連ねる。

そして「Next Web Capital」は、シリコンバレーと東京に拠点を置くベンチャーキャピタルWiL、国内で暗号資産取引所を運営するビットバンクらから合計10百万米ドル(約11億円)の戦略的資金調達を実施したことも発表した。また併せてWeb3.0起業家を総合的に支援するアクセラレーター事業も開始した。

今回のあたらしい経済のポッドキャスト・インタビューでは、「Next Web Capital」のファウンダーメンバー7名を取材し、NeWを設立した目的や、どのようなプロジェクトを支援するのか、日本と世界のWeb3の差はあるか、「Next Web Capital」今後の取り組みなどについて訊いた。

左から、渡邉創太氏、石川駿氏、大日方祐介氏、関慶氏、赤澤直樹氏、鈴木雄大氏、亀井聡彦氏

ポッドキャストを再生する

再生ボタンを押して10秒程度お待ちください。

→「Apple Podcast」で聴く

→「Spotify」で聴く

→「Voicy」で聴く

→「Google Podcast」で聴く

関連ニュース

→【速報】日本発「Web3起業家」支援事業開始の「Next Web Capital」、WiLやビットバンクらから11億円調達

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎のブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で新規事業やコンテンツマーケティングを担当。幻冬舎コミックス、エクソダス等の取締役も兼務。個人活動としてAmazon Musicで「みんなのメンタールーム」やVoicyで「風呂敷畳み人ラジオ」、PodcastとYouTubeで「#欲望のSNS」などのコンテンツを配信。Forbes JapanでWeb3に関するコラム「ポストDXの世界」連載中。著書に『「畳み人」という選択 』(プレジデント社)。

この特集のその他の記事

イーサリアムの元CTO兼共同創業者であり「Polkadot(ポルカドット)」Co-Founder の Dr. Gavin Wood 氏に突撃取材!

今回はイーサリアムの元CTO兼共同創業者であり「Polkadot(ポルカドット)」Co-Founder の Dr. Gavin Wood 氏に突撃取材をしました。 Dr. Gavin Wood 氏に「BlockChain3.0、Web3.0の世界になると、iPhoneが私たちの世界を広げてくれたように、どう私たちの世界は楽しくなるのか?」、「あなたにとってBlockChainとは何か?」などについてインタビューしました。

暗号通貨の父 デイビット・ショーン (David Chaum)氏に突撃取材!

今回はサトシ・ナカモトよりずっと前、1982年に公開鍵を用いた暗号化による電子マネー「eCASH」を考案し、暗号通貨の父と呼ばれるデイビット・ショーン(David Chaum)氏に突撃取材をしました。 なぜ1982年という時代に暗号通貨を生み出したのか、現状のブロックチェーンをどのようにみているか、ブロックチェーンエイジの若者はこれからの将来と向き合うべきか、将来ブロックチェーンはどうなると思うかなどについて語っていただきました。

ツイッターの生みの親でありSquareで決済を改革したジャックドーシーが語る、仮想通貨とブロックチェーンが生む「あたらしい経済」(Jack Dorsey 氏突撃取材!)

今回はツイッターの創業者であり、Square CEOであるジャック・ドーシー (Jack Dorsey)氏に突撃取材をしました。テーマはもちろん、彼が最近積極的に様々な場所で発言をしている仮想通貨・ブロックチェーンについてです。 彼がいつビットコインを知ったのか、そして仮想通貨についてどう考えているか、ツイッターで成し遂げたこととスクエアで成し遂げたいこと、そしてスクエアにとっての仮想通貨の可能性 やブロックチェーン技術などのあたらしいテクノロジーに関するジャック・ドーシー 氏の考え方などについてインタビューしています。

クリプトキャピタリスト大日方祐介(Yusuke Obinata)が語る「日本市場の変化とキャピタリストとしての使命」「What should you do as a crypto capitalist ?」

今回はNode Tokyo / Crypto Age FunderであるYusuke Obinata(大日方祐介)氏に突撃取材をしました。「2018年から2019年にかけてのクリプト業界の変化をどう感じるか」そして「大日方氏がベンチャーヤピタリストとしてどのように日本に貢献しようと考えているか」について大日方氏に語っていただきました。