シリコンバレーのクロニクルドで学んだブロックチェーンの可能性/渡辺創太インタビュー(1)

特集 シリコンバレーのブロックチェーン企業で働く大学生、世界へ挑戦

渡辺創太

シリコンバレーにある世界有数のブロックチェーン企業Chronicled(クロニクルド)で社員として働き、帰国後は国内最大の若者によるブロックチェーンコミュニティで活動している慶應義塾大学在学中の渡辺創太氏。そんな渡辺氏にこれからの日本のブロックチェーンと若い世代の可能性について語っていただいたインタビュー第1回です。

渡辺創太がブロックチェーンに興味を持ったきっかけ

−ブロックチェーンにはいつ頃興味を持ったのでしょうか?

僕は大学に入ってからすぐにインド、中国、ロシア、東南アジアに行ったんです。そしてインドとロシアで英語教育を比較的低所得の人たちに提供するNPOで2ヶ月ずつくらい働きました。そしてそこでたくさんの社会問題を目の当たりにしたんです。

特にインドで現地の子どもから「お金をちょうだい」と言われたのがとてもショックでした。世界には貧困があるという事実は日本人なら誰でも知っていると思うのですが、実際に直接そう言われた時に心に刺さるものがあったんです。

僕は自分が日本に生まれて、大学に通えていること自体がとても恵まれていることだと改めて実感しました。そして人生を通じてこの人たちに社会的インパクトを与えられる人材になりたいと思ったんです。

帰国後、テクノロジーが一番大きな社会的インパクトを与えられると思ったので、まずはAIに注力し、ソフトバンクロボティクスでPepperにインターンとして携わりました。しかしAIは僕が生まれるずっと前から研究されていて、今から僕がやっても社会でどれだけインパクトを出せるのだろうかと疑問に思ったんです。

一方で、ビットコインは先行研究があるものも登場してから当時10年も経っていなかったので、まさにこれから来るブロックチェーンに人生を捧げた方がインパクトを出せるはずだと考えるようになりました。そして今の自分の力をブロックチェーンに注いで、10年後20年後に勝負しようと思い立ち、シリコンバレーに行ったんです。

自分の可能性を追求できるようになることがブロックチェーンの魅力

—渡辺さんにとってのブロックチェーンの魅力はなんでしょうか?

自分がこれから注力してインパクトを出せる可能性があるという点に加えて、ブロックチェーンを使えば誰でももっと自分の可能性が追求できるようになる点にも魅力を感じました。

人種や性別、家庭環境、言語など様々な人達がいる中で、生まれた時点から自分の限界が決まってしまっている人たちがいます。例えば、銀行口座を持てない人達は、親が銀行口座を持っていないがために金融機関から信頼されず、子供も銀行口座が持てないというような負のサイクルの中にいます。

でも彼らが、ブロックチェーンを使ったウォレットをスマホで持つことができれば、そのアドレスでお金の送受信ができて、その人へダイレクトにお金が送れるようになります。そして、まだ先の話だと思いますが「その人がお金を使った履歴」が可視化されるとそれが信頼スコアになって信頼が生まれる可能性があるんです。

そうすると今まで銀行口座を持っていなかったがゆえに信頼されていなかった人達が、これまで受けられなかったサービスを受けられるようになる。そういう可能性のあるブロックチェーンに魅かれました。

ブロックチェーン企業の中でクロニクルドを選んだ理由

—シリコンバレーには沢山のブロックチェーン企業がある中で、クロニクルドで働こうと思った理由教えてください。

クロニクルドを選んだ理由は3つあります。

1つ目が、山ほどあるブロックチェーン企業の中でクロニクルドが有望であると思ったからです。様々な研究機関が公表しているブロックチェーン領域で有望な企業を調査したレポートを徹底的に調べてサンフランシスコの企業の中でクロニクルドに非常に可能性を感じました。

2つ目が、経営陣が優秀であることです。CEOのライアンは、スタンフォード大学の当時の元教授で、かつクロニクルドが3社目でバイアウトの経験もありました。

僕の上司でもあったCMOのサムは、2017年にフォーブスが選ぶ世界の30歳以下の30人のうちの1人に選抜されています。

バイスプレジデントは、アクセンチュアUSのグローバルのブロックチェーンの部門の元ヘッドでしたし、社員もカーネギーメロンやペンシルバニアといった一流大学を卒業してきた若い学生が入ってきていたので、間違いなく優秀な人達と共に働ける環境だと思いました。

そして3つ目が、日本人がいないことです。僕は頼れる人がいない環境の方が自分の能力が伸びると考えています。甘えられない環境が好きなんですよね。

非金融領域への活用に焦点を当てているクロニクルドには自分が必要だ

—日本人の学生がシリコンバレーの企業で働くのは簡単なことではないと思います。どのようにしてクロニクルドで働けることになったのですか?

シリコンバレーで仕事を探すとなると、勝負するのはUCバークレーやスタンフォードの学生なんです。向こうの人に慶應義塾大学ですと言っても全く知らないわけですよね。

その中でどうやって勝負するかを考えた時に、僕はアウトプットで勝負するしかありませんでした。ブロックチェーンの基本的な仕組みや著名なブロックチェーン企業50社について全部英語の資料でまとめて、自分でホームページを作って公開したりしました。

そうした資料を送りまくって、メールでアポイントを取り、CEOのライアンと電話面接をした後に、再びライアンとオフィスで一時間くらい面接して採用してもらったという形です。

オフィスでの最終面談では、僕が今このタイミングであなたの会社で働かないといけない理由をプレゼンしました。

クロニクルドの事業内容は、主に医療やゴールド領域のブロックチェーン×サプライチェーンなのです。そして自分が活躍したいと思っている10年後20年後を見た時にブロックチェーンが一番使われてくるのは、まさに金融以外のところだと思っていたんです。金融以外の領域でのブロックチェーン活用はまさに今から伸びてくると思っていました。だから今からブロックチェーンの非金融領域への活用に焦点を当てているクロニクルド で僕が働かなければならないと熱弁しましたね。

—クロニクルドで働き始めてから、シリコンバレーではどういう生活を送っていたのでしょうか?

オフィスのすぐそば、サンフランシスコのど真ん中に住んで、毎日一番早く出社して、一番最後に帰るという生活をずっとしていましたね。

会社以外では、ブロックチェーン関連のイベントが週に3、4回は開かれていたので、イベントにとにかく参加して約半年間で115回くらいイベントに出ていました(笑)

クロニクルドでの仕事

—クロニクルドではどのような仕事をしていたのでしょうか?

クロニクルドは、サプライチェーン×ブロックチェーンのスタートアップなのですが、その中でも医療領域が一番強いです。アメリカには全ての医療製品に番号をつけて、それを電子上で管理することが定められたDSCSAという法律があるんですが、その管理にブロックチェーンを使うのがコストを考えると一番いいんです。それを業界トップの企業とコンソーシアムを組んでやっていました。現在はアメリカの製薬メーカーのトップ10社の内5社と連携しています。

独自チェーンでやろうという動きもありますが、現在クロニクルドはそれをイーサリアム上に作っています。独自ブロックチェーンでやるメリットは、通貨の発行益が入ってくることです。トランザクションごとに自分たちに数%入る仕組みにしておけば、医療の領域でのトランザクションと取引のたびに利益が得られます。

ただ、いきなり自分たちのブロックチェーンを作るとなると、ノードを自分達で立てないといけない上に、バグが出る可能性も高くなる。だからクロニクルドではコスト面と安全性を考慮してJPモルガンの開発したQuorumなどのチェーンを使うという考え方をしていました。

つづき第2回はこちら「シリコンバレーではブロックチェーンを長期スパンで捉えている/渡辺創太インタビュー(2)」

編集:竹田匡宏(幻冬舎)・伊藤工太郎(幻冬舎)

この記事の著者

渡辺創太

慶應義塾大学経済学部4年。インド、中国、ロシアで海外活動やインターンを経て、NPO法人ETIC.で社会起業家支援に携わる。SoftBank Roboticsのインターンを経てシリコンバレーに渡航。現地のブロックチェーンスタートアップChronicledに入社。帰国後、若者中心のコミュニティーであるCryptoAgeで活動する傍らCryptoeconomics Labで活動中。自ら事業を立ち上げようとしている。

慶應義塾大学経済学部4年。インド、中国、ロシアで海外活動やインターンを経て、NPO法人ETIC.で社会起業家支援に携わる。SoftBank Roboticsのインターンを経てシリコンバレーに渡航。現地のブロックチェーンスタートアップChronicledに入社。帰国後、若者中心のコミュニティーであるCryptoAgeで活動する傍らCryptoeconomics Labで活動中。自ら事業を立ち上げようとしている。

この特集のその他の記事

シリコンバレーのクロニクルドで学んだブロックチェーンの可能性/渡辺創太インタビュー(1)

シリコンバレーにある世界有数のブロックチェーン企業Chronicled(クロニクルド)で社員として働き、帰国後は国内最大の若者によるブロックチェーンコミュニティで活動している慶應義塾大学在学中の渡辺創太氏に、これからの日本のブロックチェーンと若い世代の可能性についてお話を聞きました。

シリコンバレーではブロックチェーンを長期スパンで捉えている/渡辺創太インタビュー(2)

シリコンバレーにある世界有数のブロックチェーン企業Chronicled(クロニクルド)で社員として働き、帰国後は国内最大の20代によるブロックチェーンコミュニティでも活動している慶應義塾大学在学中の渡辺創太氏。そんな渡辺氏にこれからの日本のブロックチェーンと若い世代の可能性について語っていただいたインタビュー第2回です。

ブロックチェーンネイティブ時代の日本の若者は、世界を変えられる/渡辺創太インタビュー(3)

シリコンバレーにある世界有数のブロックチェーン企業Chronicled(クロニクルド)で社員として働き、帰国後は国内最大の20代によるブロックチェーンコミュニティでも活動している慶應義塾大学在学中の渡辺創太氏。そんな渡辺氏にこれからの日本のブロックチェーンと若い世代の可能性について語っていただいたインタビュー第3回(最終回)です。