ソラミツがデジタル通貨の発行と運用を可能にするエンタープライズサービス「UNKAI/雲海」を発表

ソラミツがデジタル通貨の発行と運用を可能にするエンタープライズサービス「UNKAI/雲海」を発表

ソラミツ株式会社がエンタープライズサービス「UNKAI/雲海」をリリースしたことを10月27日発表した。「UNKAI/雲海」はシステムインテグレーターやサービスプロバイダー向けにデジタル通貨発行プラットフォームとなるサービスだ。

ソラミツはLinux Foundationが主催するオープンソースブロックチェーンプロジェクトHyperledger Projectの一部であるオープンソースのコンソーシアム型ブロックチェーン・プラットフォーム「ハイパーレジャーいろは(Hyperledger Iroha)」の開発企業である。

今回リリースされた「UNKAI/雲海」は、この「ハイパーレジャーいろは」を基にして作られた「UNKAI BASE」と、「UNKAI BASE」に追加機能を付加して提供をするエンタープライズ向けのサービス・パッケージであるとのこと。

リリースによると「UNKAI/雲海」にはソラミツとカンボジア国立銀行が共同開発した世界初の中央銀行デジタル通貨(CBDC)「Bakong(バコン)」の技術も決済モジュールとして組み込まれているとのこと。またユーザーは複数のモジュールを組み合わせることで、中央銀行デジタル通貨発行システムとして利用されたセキュアかつ高品質な仕組みを短期間で構築できるという。

「UNKAI/雲海」の追加機能である「UNKAI OPTION」は個別オプションのモジュールとして提供され、決済モジュールだけでなくサプライチェーン・モジュールおよび KYC(Know Your Customer:非対面取引における本人確認) モジュールも提供されるとのこと。さらにインターレジャー・モジュールとしてビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)と接続するモジュールの提供も計画されているとのことだ。

「UNKAI/雲海」は、このような「UNKAI BASE」にモジュールを足した構成に加え、オプションサービスとしてソラミツがユーザーに対し、教育・講習、設計・開発コンサルタントおよび本番システムの運用・監視をし、高品質なシステムの設計から運用までをフォローするとのことだ。

「UNKAI BASE」並びに「UNKAI OPTION」の各機能やAPI/SDKの正式なリリース時期は、来春以降を予定しているとのことだが、ソラミツは個別案件での優先度に応じてリリース内容を随時検討していく予定とのことだ。

編集部のコメント

ソラミツは、これまでにブロックチェーン技術を活用してカンボジア国立銀行のデジタル通貨システム、モスクワ証券取引所グループの証券保管振替システム、インドネシアBCA銀行の本人確認システムなどを開発しています。

そしてソラミツは「ハイパーレジャーいろは」の開発者であり現在も主要な開発貢献者です。 また日本においてソラミツは、有限会社スチューデントライフサポートと株式会社AiYUMUと共に「ハイパーレジャーいろは」を活用してトークン型のデジタル地域通貨「Byacco/白虎」を開発し、今年7月1日から福島県会津若松市の会津大学内で正式運用を開始しています。

なお「Byacco/白虎」は「Bakong(バコン)」の技術を活用して日本向けに最適化したデジタル通貨とのことです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/BestForBest・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン学習サービス「PoL」が世界8言語対応、Eth2リサーチャーとのAMA開催も発表

株式会社techtec(テックテク)が、同社運営のブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を新たに世界8言語にてグローバルローンチしたことを7月28日発表した。対応する言語は英語、中国語、ヒンディー語、インドネシア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語となる。

国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表

国際決済銀行(BIS)が各国の高速決済システムを連携させ、国境を越えた即時決済を可能にする「プロジェクト・ネクサス(Project Nexus)」を7月28日に発表した。このプロジェクトは、G20らが進めているクロスボーダー決済の強化に向けた活動を補完するものとのことだ。

リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始、SBIレミットとSBI VCトレードがフィリピンに向けに

SBIレミット株式会社が日本初となる暗号資産(仮想通貨)を用いた国際送金サービスを開始したことを7月28日発表した。このサービスは国内にて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社と米リップル社(Ripple Labs Inc.)との提携を通じてフィリピン向けに展開するとのこと。