ファクトムの開発企業が会社清算手続きへ

ファクトムの開発企業が会社清算手続きへ

仮想通貨ファクトム(FCT)のノード運営企業の1つであるFactom Inc.が、会社清算の手続きを進めていることが、Factomの筆頭株主企業であるFastForward Innovations Ltdがロンドン証券取引所(London Stock Exchange:LSE)に4月2日に提出した資料で明らかになった。

Factom Inc.は、仮想通貨Factomの開発や企業連携を牽引する企業。

FCTは、日本国内では仮想通貨取引所コインチェックで上場しており、同取引所は4月1日にアルトコインの板取引サービスの開始を発表し、FCTは先行して取り扱いを開始していた。

コインチェックでは、今回のFTCの会社清算手続きは、Factomプロトコルの運用には影響がなく、また仮想通貨の消滅を意味するものではないとされているとし、同取引所では現在Factomの開発や運用状況にどのような影響を与える可能性があるのか改めて調査していると、同件報道に対し4月3日に公表をした。

また同件に関連しSNS等で、4月1日にアルトコインの板取引サービス開始にあたり、先行してFactomの取扱いを開始したことについて様々な憶測がされているが、同取引所が事前に把握していた事実はなく、一切関連はないと併せて公表している。

編集部のコメント

同件について、ファクトムのプロジェクト側であるFactom Protocol Authority Node Operatorsが声明を出しており、この声明でFactom.Incが27あるノードの一つでしかなく、Factom.Inc.に何が起こっても、Factom Protocolの運用には影響がないと正式に発表をしました。

しかし、Factom.Incが何故会社清算手続きをするに至ったかは現在不明です。今後の続報が非常に気になります。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

アマゾンがアメリカでブロックチェーン活用のサプライチェーン領域の特許取得、アクセンチュアらのデジタルドルプロジェクトがホワイトペーパー発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

アマゾンがアメリカでブロックチェーンを活用したサプライチェーン領域の特許を取得、アクセンチュアらのデジタルドルプロジェクト(Digital Dollar Project)がホワイトペーパーを発表、Digital Entertaiment Asset社が中国アリババグループAlibaba Picturesとパートナーシップ契約を締結、暗号資産(仮想通貨)を利用したCtoCマッチングプラットフォームAvacusが暗号資産交換業者への届出、CoinbaseがTezosステーキングサービスの提供範囲を拡大