米マクドナルド、「マックリブNFT」プレゼント企画を発表

米マクドナルド、「マックリブNFT」プレゼント企画を発表

米国マクドナルドが「マックリブ(McRib)」の発売40周年を記念して、限定NFT「マックリブNFT(McRib NFT)」をプレゼントすることが10月28日に分かった。

11月1日(米国時間)より、 ツイッター(Twitter)でプレゼント企画が始まるとのことだ。

具体的には、ツイッターで「@McDonalds」をフォローし11月1日から11月7日までの間に抽選に関するツイートをリツイート(RT)すれば、抽選で10名に「マックリブNFT」が当たるとのことだ。

ちなみに11月12日までに当選した10名にプレゼントされる予定となっているとのことだ。

10月初旬に中国マクドナルドがNFT「巨无霸魔方(ビッグマック・ルービックキューブ/Big Mac Rubik’s Cube)」をリリースすることを発表した。

このNFTリリースの目的はマクドナルドが中国本土市場への参入31周年記念、および上海にある新しい本社ビルの正式オープンを祝うためとのことだった。

また3月には大手ファーストフードチェーンのタコベルもNFTを販売していた。

参考:マクドナルド
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RiverNorthPhotography・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表