GMOコイン、暗号資産シンボル(XYM)上場へ

GMOコイン、XYM上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインが暗号資産シンボル:Symbol(XYM:ジム)の取り扱いを開始することが10月7日分かった。なおGMOコインの新規通貨上場は7月より取り扱いを開始をしたコスモス:Cosmos(ATOM)以来となる。また国内においてシンボルを取り扱うのは、Zaif Exchange(ザイフ)、サクラエクスチェンジ、ビットバンクに続き4例目となる。

発表によるとシンボルの取り扱いは10月20日より、同取引所が提供する「取引所(現物取引)」および「貸暗号資産」にて開始される。その他詳細については後日公開されるとのこと。

今回の新規通貨取り扱いでGMOコインは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リップル(XRP)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、テゾス(XTZ)、クアンタム(QTUM)、エンジンコイン(ENJ)、ポルカドット(DOT)、コスモス(ATOM)にシンボル(XYM)が加わり、合計15銘柄を取り扱うことになった。

シンボルは、2021年3月にネムのブロックチェーンの大型アップデート「カタパルト」によって誕生したブロックチェーン「Symbol(シンボル)」のネイティブ通貨である。XYMの時価総額は約840億円となっている(コインマーケットキャップ10月1日調べ)。

なおネムとシンボルは違うプラットフォームとなっている為、ネム保有者には「オプトイン」と呼ばれる制度によってネム保有量と同量のシンボルが配布される権利がある。今年の3月12日13:26にネムの保有者を対象に行われた「スナップショット」時点のネム保有量に対し、シンボルの付与が行わる形となっていた。

国内取引所のユーザーについては取引所がユーザーの暗号資産を預かる格好となる為、ユーザーへのシンボル配布は各取引所が方針を決めている。

ちょうど昨日10月6日にはネムを取り扱っているコインチェックが「2021年度中(2022年3月まで)」にシンボルの配布をすることを発表していたばかりだった。

なおGMOコインについてはオプトインに参加しており、シンボルの配布を受けている。

今回の発表では対象ユーザーへのシンボルの配布については触れられていなかった。

関連ニュース

コインチェックがシンボル(XYM)付与時期を発表、来年3月までを予定

XEMの大型アップデートが完了、Symbol(XYM)が誕生

【取材】ビットバンク、シンボル(XYM)取り扱い開始へ

【10分解説】NEM(ネム)、Symbol(シンボル)とは?(CauchyE代表 木村優)

NEMの大型アップデート、シンボルとは?「アルトコイン最前線、NEM徹底解説 #1」

参考:GMOコイン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored