FTX、本社を香港からバハマへ

FTX、本社を香港からバハマへ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所「FTX.com」を運営するFTXが、本社を香港からバハマへ移転することが9月25日に分かった。同社CEOのサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏がツイートで明らかにした。

サム氏は「バハマは、暗号資産の包括的な規制の枠組みを設定している数少ない国の1つです。またバハマはコロナのパンデミックから回復していて、入国の検疫もない安全な場所です」とツイートしている。

なおFTXのバハマの子会社「FTX Digital Markets」は、バハマのデジタル資産登録取引所法案に基づき、同国証券委員会に登録されていることが9月20日に明らかになっている。

その発表で、サム氏は「バハマの規制当局との協力関係により、初期状態である暗号資産市場の成長を促進することができる」と説明していた。

香港では昨今の中国による規制強化の影響があると考え、FTXとして今回の本社移転を決定したことが想定される。

参考:サム・バンクマン・フリードのtwitter
 デザイン:一本寿和
images:iStocks/NatanaelGinting

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。