a16z、イーサリアムのステーキングサービス提供「Lido」へ約80億円出資

a16z、約80億円をLidoへ出資

米VCアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)が、イーサリアムのステーキングを提供するリドファイナンス(LidoFinance)へ約80億円(7,000万ドル)を出資したことが3月3日分かった。

リドファイナンスは、コンセンサスレイヤー(Consensus Layer:旧名称Eth2.0)でユーザーが独自でステーキングする際に必要な最低32ETH(約1,000万円)を保有せずとも、イーサリアムのステーキングに少額から参加できるサービスだ。

リドファイナンスでETHステーキングを行うと、ETHと「1:1」の割合で価値が担保されているトークン「stETH」が生成される。ユーザーはステーキングしたETHの代わりにstETHが受け取れる。

現在コンセンサスレイヤーへステーキングされたETHはロックされているため動かすことはできないが、リドを利用すればユーザーはETHをステーキングした代わりに付与されたstETHでDeFi(分散型金融)を利用して、再度ETHに交換できる他、レンディングなどを行えば利回りを得ることもできる。

つまりステーキング報酬とDeFiによる利回りの二重取りが可能になるということだ。

なおstETHは、ETHのステーキングロックが解除されれば、ETHとの交換が可能で、引き換え時にstETHはバーン(焼却)される仕組みとなっている。

なおリドファイナンスのステーキングサービスはイーサリアムだけでなく、テラ:Terra(LUNA:ルナ)やソラナ:Solana (SOL:ソル)、クサマ:Kusama(KSM)も提供されている。

現在リドファイナンスには、対応する銘柄合計で約1.6兆円ステーキングされており、参加しているユーザーは約79,000名とのことだ。なおイーサリアムには約6,500億円ステーキングされている。

またa16zはリドのサービスを利用して、自社で保有しているイーサの一部をステーキングしていることも明かしている。

今回の出資についてa16zは「バイナンスやクラーケン、コインベースのような企業は、ユーザーの資産を簡単にプールし、ユーザーの代わりにステークします。これらのサービスは分散型オルタナティブのための大きな機会を生み出しています」とし、

また「だからこそ、私たちは効果的な分散型ステーキングプラットフォームであるリドへ投資することに興奮しています。DAOのガバナンスによる分散化を図りながら、ETHや他のPoS資産をステークする最も簡単な方法の一つを提供しているリドはステーキングを民主化します」と発表にて説明している。

関連ニュース

音楽NFTマーケットプレイス「Royal」、チェインスモーカーズやa16zらから約63億円調達

NFTゲーム開発のMythical GamesがシリーズCで約170億円調達、a16z主導で

ブロックチェーン開発ツールAlchemy、a16zらから約280億円調達

インド暗号資産取引所「CoinSwitch」、コインベースやa16zらから約290億円調達

a16zらがイールドギルドゲームスへ投資、NFTゲームで「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」を加速

参考:アンドリーセン・ホロウィッツリド
デザイン:一本寿和
images:iStocks/CYCLONEPROJECT・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部 記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。 「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。