人気の記事

マイクロソフトがERC721のデジタルグッズ「Azure Heroes」を開発、中国が世界一ブロックチェーン技術を証券化に適応、コントラクトサーヴァントプレセール開始へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

マイクロソフトがERC721ベースのデジタルグッズ「Azure Heroes」を開発、中国が世界で一番ブロックチェーン技術を証券化に適応していると、Fitch Ratingsが明らかに、ビットフライヤーユーロでクレジットカードを使って仮想通貨が購入可能に、ブロックチェーントレーディングカードゲーム「コントラクトサーヴァント」のプレセール開始が12月18日に決定

トークンエコノミーの価値を左右するインセンティブデザインとモチベーションコントロール

ブロックチェーンの本質は、トークンエコノミーの形成にある。インセンティブデザインとモチベーションコントロールを循環の設計に組み込むことで、より多くのステークホルダーがトークンエコノミーに参加するようになり、トークンの価値は最大化される。トークンエコノミーにおける価値の最大化の仕組みと、なぜ価値を最大化する必要があるかについて解説するコラム。

人気ゲーム「モンスターストライク」のエンジニアはブロックチェーンゲーム(Dappsゲーム)をどう見るか?(株式会社ミクシィ 執行役員CTO 村瀬龍馬)

SNS「mixi」やスマホアプリ「モンスターストライク」(以下、モンスト)の開発に従事し、株式会社ミクシィ 執行役員CTOの村瀬龍馬氏にゲームエンジニアとしてのブロックチェーンの可能性や、ゲームの発展の可能性について語っていただきました。

今がブロックチェーンに参入する最後のチャンス「AnyPay × LayerX テクノロジーと描く未来」イベントレポート

機械学習を活かして情報キュレーションアプリを提供する「Gunosy」とペイメントサービスやICOコンサルティング事業を展開する「AnyPay」が合同で、ブロックチェーン関連事業を行う「LayerX(レイヤーエックス)」のイベント。 Gunosyを創業しLayerXの代表を務める福島と今年6月にAnyPayの代表に就任しICOコンサル部門を統括する大野で、パネルディスカッション形式のイベントを開催。 今回合弁会社を設立することになった経緯やブロックチェーンというテクノロジーが実世界にどういう影響を及ぼすのか、個人として、会社としてどう考えているのか等を話されました。

「個」の価値が最大化できる未来。トークンエコノミーで蓄積されたKYCは、あなたが新しい経済を生き抜くポートフォリオになる

「ゼロから分かるトークンエコノミー ブロックチェーンは社会をどう変えるのか?」連載最終回。個の特性を活かした暮らしを実現し得る画期的な経済の仕組みであるトークンエコノミー。個人情報や第三者機関を要さずに個人の信用を担保される世界とは? 既存のKYCとは異なる新しい社会的信用の形が創出されると、経済にどのような影響が生まれるのか?トークンエコノミーにおけるKYCと、「個」の価値について解説する。

MASとJPモルガンらがブロックチェーン決済ネットワークのプロトタイプ版開発、SKILLとエン・ジャパンとマイクロソフトらの「職歴BANK」開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

シンガポール金融管理局とJPモルガンらがブロックチェーンベースの決済ネットワークのプロトタイプ版の開発に成功、アリババがビットコイン還元サービスLolliと提携、SKILLが、エンジャパンとマイクロソフトと共同構築したブロックチェーンを活用した人材マッチングサービス「職歴BANK」のサービス提供を開始、クリプトゲームスが、ブロックチェーンカードゲームに特化した開発支援を開始

HSBCが2兆円の資産をブロックチェーンに移行予定、博報堂らがテレビ番組を通じてデジタルコンテンツを配布できる「Card Hunter」を共同開発などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

HSBCが、来年3月までに約2兆円の資産をブロックチェーンプラットフォームに移行予定、博報堂がユナイテッド、原本と、テレビ番組を通じてデジタルコンテンツを配布できるスマートフォンアプリ「Card Hunter」を共同開発、赤十字社が貧困街の経済活動促進のために、ブロックチェーンを活用した現地通貨の発行を計画、ガーナ中央銀行がデジタル通貨「E-cedi(イーセディ)」を近日中に発行か、電縁が仮想通貨取引所向けコンサルティングサービスを提供開始、韓国仮想通貨取引所アップビットが54億円相当のイーサリアム不正流出被害、金融庁がオウケイウェイヴ子会社LastRootsを仮想通貨交換業者へ登録

ビットフライヤーがハードフォークによって生じたBTGをユーザーに日本円で付与、中国企業コンソーシアムBSNの詳細が明らか、東大もXRPバリデーターになどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ビットフライヤーが、過去のハードフォークによって生じたBTGをユーザーに日本円で付与発表、中国の企業コンソーシアムBSNの詳細が明らかに、12月8日のイーサリアムハードフォーク向けて仮想通貨取引所各社が対応を発表、京大に引き続き東大もリップルバリデーターに参加、室蘭工業大学とNTT西日本が、ブロックチェーンを活用したデジタル証明書発行についての共同研究へ

ゆうこすは共感してくれるか?ミスビットコインとあたらしい経済が仮想通貨とブロックチェーンを解説 PoT #05-1 ゆうこす×藤本真衣

グラコネCEOでありミスビットコインとして仮想通貨界を牽引してきた藤本真衣と「あたらしい経済」編集長の設楽悠介が、150万人を超えるフォロアーを抱えるモテクリエイターであり、『共感SNS』の著者である菅本裕子(ゆうこす)氏をゲストに迎え、仮想通貨やブロックチェーンの仕組みや、どのようにこれらをより世の中に広めるかについて語り合います(1回目/全2回)

未来を逆算し、官と民、両者の目線で切り開くべき私たちの未来

モビリティとかアグリテックとか毎月テーマを決めて、それに関わる官僚と、スタートアップの経営者や弁護士と政策を議論しています。政策のオーナーとなるポリシーオーナーに各省のミレニアル世代の官僚を立てて。例えば、経産省の人がポリシーオーナーとなってモビリティの空飛ぶ車の議論をしたり。