最新のラジオ

大阪ガスがブロックチェーンでの電力個人間取引の居住者実証試験実施を発表、コインチェックがBitcoinSVの日本円による交付を発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

大阪ガスがブロックチェーンでの電力個人間取引の居住者実証試験実施を発表 ・コインチェックがBitcoinSVの日本円による交付 を発表 ・SECのバレリー・シュシェパニャク氏が、一部のステーブルコインが証券と分類される可能性を示す ・HashHub、ChainTope、Fressetsによる「ブロックチェーン開発者のためのGBECコミュニティイベント」レポート

日本政府が仮想通貨関する金商法等の改正案閣議決定、日立がブロックチェーンクラウドサービス販売、本田圭佑氏と宮口あや氏がフィナンシェのアドバイザー就任などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

日本政府が仮想通貨(暗号資産)に関する金融商品取引法と資金決済法の改正案を閣議決定 ・次世代型SNS「FiNANCiE」の株式会社フィナンシェが3億円を資金調達し、さらに本田圭佑氏、宮口あや氏が「FiNANCiE」アドバイザーに就任 ・日立がブロックチェーンを活用した安定性の高い取引を支援する「Hitachi Blockchain Service for Hyperledger Fabric」を販売開始

Cosmosが正式リリース、エストニアblockhiveが日本法人設立、声で伝えるプレスリリース「VOICE RELEASE」スタートなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

「ブロックチェーンのインターネット」Cosmosが正式リリース ・エストニアblockhive OÜが日本国内での事業展開を視野に株式会社blockhiveを設立 ・シャトル・ホールディングスが、IBMの技術を使った仮想通貨のカストディサービスのベータ版を今月中に発表予定 ・バイナンスの公式ウォレット「Trust Wallet」がXRPを追加。クレジットカードでの購入が可能に

最新の記事

幻冬舎のブロックチェーン・仮想通貨(暗号資産)メディア「あたらしい経済」が新企画「声で伝えるプレスリリース『VOICE RELEASE(ボイスリリース)』」をスタート

「VOICE RELEASE」は「ニュースは直接その当事者の方に声で語っていただいた方が、より正しく伝わるはず」をコンセプトにした音声によるプレスリリース企画です。様々な企業や団体がプレスリリースを行う際に、「あたらしい経済」編集部員がインタビューをさせていただき、そのリリースの内容を音声にして読者にお届けします。

トークンの価格とシニョリッジ(通貨発行益)を考察する

まずはシニョリッジ(通貨発行益)を具体的な例をあげて解説します。それでは1億枚のトークンを発行する際にかかる費用を考えてみましょう。それには最低限トークンを発行する仕組みを作るエンジニア、弁護士等の費用がかかりますね。 仮に直接的な原価は5000万円だとしても、スタートアップ全体の機会費用まで入れて考えると10億円位と試算できるかもしれません。この場合この会社が1億枚のトークンを発行すると1トークンあたりの原価は10円となります。

新しい個人の夢や目標の達成を応援するプラットフォームを目指して〜ドリーム・シェアリング・サービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」創設者・國光宏尚氏インタビュー(3)

ブロックチェーン技術も採用した次世代SNS「FiNANCiE」のオープンβ版公開にあわせ、gumiの代表取締役会長であり「FiNANCiE」の創設者である國光宏尚氏へのインタビューの第3回を公開!

日本と韓国の「医療×ブロックチェーン」の現状と課題 PoT #04-4 水島洋×コ・ウギュン(メディブロック)

まさにそこが問題なんです。個人の健康情報を日本の中でどのように管理していくか、いくつかの方法があると思うのですね。 私は、国が管理する方法が一番いい方法だと思います。エストニアのように、国が全部の情報を持ち、各病院に法的な根拠に基づいて導入していくという形で進めるイメージです。

特集・連載

カテゴリー

LINE@で最新情報をチェック!!

あたらしい経済のLINE@を友達に追加して最新情報を受け取りましょう

LINE@で最新情報を受け取る